ホーム > 紹介 > コストを削減できるというポイント

コストを削減できるというポイント

特定調停という方法も任意整理と同じように貸方に借金の支払いを行うことを選ぶ債務整理の手順のことです。

 

わかりやすくいうと裁判所が行う債務の整理ということができます。

 

この手順も任意整理と同じように、破産手続きとは違って一定の借金だけをまとめることができるため、他の保証人が付いている負債額を除き整理する時や住宅ローンを除いて整理したい場合等においても申請することもできますし、財産を手放すことは要求されていないため、株式や有価証券個人資産を持っているものの、放棄したくない状況であっても活用可能な借金整理の手順になります。

 

いっぽうで、手続きを取った後返済していく額と現実の可処分所得を検討し完済が見通せるようである場合はこの特定調停による手続きを取ることは問題ありませんが破産宣告と違って借金自体がなくなってしまうということではありませんので借金の総量がかなりになるような場合は、実際的にはこの方法で選択をするのは困難であるということがいえるでしょう。

http://plaza.rakuten.co.jp/wadagoh/

なお、この手順は国の機関が間に入ってくるので専門家に依頼しなくても不利になる心配はないということや手続きにおいてのコストを削減できるというポイントは注目できますが、お金の貸し手からのきびしい取り立てに債務者自身が回答する必要があることに加え、所定の裁判所に何回か顔を出す手間を要するという注意が必要な点もあります。

 

任意による整理と比べてのことですが、調停にて同意に達しないような場合は利子を全部含めた額で支払っていかなければならないということやそれら債務者へ返済していくお金が任意整理による処理の場合と比べて高くなる傾向にあるといった覚えておきたい点もあります。

 


関連記事

どれだけ安くいいものを作れるか
去年の夏に家を買って以来、私の趣味はDIYとなりました。毎日暇な時間には(仕事中...
コストを削減できるというポイント
特定調停という方法も任意整理と同じように貸方に借金の支払いを行うことを選ぶ債務整...
マンションを手放すことなく
民事再生による整理は住宅ローンもある多重債務に苦しめられている方を救済するために...