ホーム > 紹介 > マンションを手放すことなく

マンションを手放すことなく

民事再生による整理は住宅ローンもある多重債務に苦しめられている方を救済するために、マンションを手放すことなく金銭管理において立ち直るために法的な機関による債務整理の手段としてはじまったルールです。

 

この制度には、自己破産のように免責不許可となる要素はないために浪費などで債務がふくらんだような場合でもこの手続きは可能ですし、破産申請をしてしまうと業務禁止になる可能性がある業種で仕事をしている方でも制度の活用が可能になります。

 

自己破産では住居を手元に残すことはできませんし任意整理や特定調停などでも、圧縮した元金を返していくことが要求されますので、住宅ローンも払いつつ支払うことは多くの場合には難しいでしょう。

 

しかしながら、民事再生という手順を取ることができれば住宅のローンのほかの借金についてはけっこうなお金を減額することも可能ですので、マンション等のローンを続けながら残った借金を支払い続けることもできるというわけです。

 

しかし、民事再生という方法は任意整理または特定調停等と違って特定の借り入れを除外して処理していくことは考えられませんし破産申告の場合のように返済義務がなくなってしまうのではありません。

 

くわえて、それ以外の方法と比べて時間が必要ですので、マンション等のローンを組んでいて住居を手放したくない場合等以外の、破産などのそれ以外の方法がとれない場合だけの最後に考える解決方法と判断しておくのがいいでしょう。

もったいないのーと


関連記事

どれだけ安くいいものを作れるか
去年の夏に家を買って以来、私の趣味はDIYとなりました。毎日暇な時間には(仕事中...
コストを削減できるというポイント
特定調停という方法も任意整理と同じように貸方に借金の支払いを行うことを選ぶ債務整...
マンションを手放すことなく
民事再生による整理は住宅ローンもある多重債務に苦しめられている方を救済するために...