ホーム > エリア > 準備万端

準備万端

いよいよ投資すると時という場面では何をおいても事前調査を手抜きしてはいけません。

 

売買を始める前、場面を落ち着いて見ることができるゆとりがあります。

 

ところが、いっぺん売買の中に踏み込んでしまうと、捉え方が偏ったものになり、重要な時に真っ当な見方が出来なくなる。

 

恐れが生じる。

 

それだけに自らの考え方が合理的な状況で、しっかりと準備が大切なのだ。

 

"準備"のためには、最初は筋書きを書くことから始めます。

 

明日からの相場はこうなってああなるからNZドルを買う(あるいは売る)というようなあなただけの台本を書いていきます。

 

その次は時間足チャートをチェックしましょう。

 

今までのレートの推移を調べて今日の位置を確認します。

 

そうすると、「割りに高すぎる段階にあるな」それとも「大方の投資家が売買しているから今さら大急ぎで売買しても今となってはやりようがない」ということが理解できます。

 

今はもうエントリーするのが手遅れだなと思ったら売買しないで、その場面ではきっぱりとあきらめることか不可欠です。

 

どう試みてもあなたのストーリー展開を譲らずに取引すると、為替相場に跳ね返されて反対に損をすることになる危険性があります。

 

とは言うもののたいがいの状況で事前に準備している台本を考えていると、エントリーがなすすべがないという状況にはなりません。

 

たぶん、実際に為替相場が動き出す前のはずです。

 

更に、まずは自らが売り買いしようと考えている通貨ペアの変動を、じっくりと見る事が必要です。

 

例えば円安になると予想する脚本を作ったのであれば、ドルの上下動に気をつけておきます。

外国為替市場の上下動を確認し始めた段階ではその通貨は誰の眼にも明らかに上下動する雰囲気を見せないで上下にちょっとした動きを繰り返しているだけでしょう。

でも、その推移を正確に確認していると、あるところでじりじりと、ドル高の方向へと外国為替相場が変化し始めます。

このタイミングでドル円のエントリーします。

おおむね、ここまで慎重に準備を進めておけば、そのエントリーで儲ける可能性は割合大きくなります。

コマユウダイアリー


関連記事

神田駅周辺のホテルを予約
先週の出張で、東京駅の方に行ったんだけど、東京駅の近くって、高いと思いませんか?...
準備万端
いよいよ投資すると時という場面では何をおいても事前調査を手抜きしてはいけません。...